「黒犬獣」の版間の差分

提供: 萌えっ娘百科事典
移動先: 案内検索
(ページの作成:「 ==紹介== 黒犬獣という人はとても神秘なエロ本絵師である。本当の名前は知らないが、編纂者は彼の現実の顔を見たことがあ…」)
 
(相違点なし)

2020年5月21日 (木) 20:28時点における最新版

紹介

黒犬獣という人はとても神秘なエロ本絵師である。本当の名前は知らないが、編纂者は彼の現実の顔を見たことがある。

背はあまり高くない、見たところ170cmくらいになっている。肌は暗く、荒武者みたいな顔つきで、ちょっとだけかっこよく見える。外見からみれば、とても穏やかな感じがする。

年は約45歳から55歳(2017年末)。メガネをかけていない。

その人は二十世紀九十年代から二十一世紀初めまでの間、エロ本業界では大人気な絵師であり、特にセーラームーンに関連する作品はとても有名である。

既知の同人誌作品の中、一番早く発行されたのは1993年10月3日の『Submission Mercury』。

彼の作品は滑らかな筆触と優美な女体構図で、エロ本業界では、名声を博している。

2019年12月31日までも、彼は依然としてセーラームーンの同人作品の創作をつつけている。

ご本人は『ジョジョの奇妙な冒険』に気に入ったらしく、多くの作品のタイトルは『ジョジョの奇妙な冒険』のスタンド名になっている。

長年続いてセーラームーン同人誌を描いている黒犬獣ではあるが、しかも絵は益々上手くなった。近年では作品スタイルが極端化になり、ちびっ子のロリか,豊満な美人か、どちらかになっている、2010年前の作品の中によく出たバランスのいい女性は近年の作品の中であまり見当たらない、しかし作品の質は依然として素晴らしかった。

もちろん彼は他の作品の同人誌も描いた。たとえば『新世紀エヴァンゲリオン』『魔法少女まどか』『げんしけん』『スクールランブル』『けいおん』とか。

しっかりした絵画技法と実用性の高い画風、そして『セーラームーン』という作品の高知名度要素も含めて、黒犬獣は多国の「紳士」に愛されて、さまざまな言語、たとえば、英語、中国語、韓国語、ロシア語、ラテン語、タイ語、スペイン語、ポーランド語、ドイツ語、ポルトガル語、フランス語、ベトナム語などに翻訳されました。

統計によれば黒犬獣が描いたセーラームーンはページ数において既に武内直子を超えているかもしれない、本当にそうであれば、黒犬獣は同人誌歴史上、最初の描いたページ数は原作者を上回る同人絵師になったこもしれない

黒犬獣が一番好きなセーラー戦士は水野亜美である

評価

同人誌作家になるのは決して楽な仕事ではない。それは練習に練習を重ねて、自分の技法を磨き、頂点を目指す一本道である。しかし黒犬獣さんは、この狭苦しい一本道を綺麗な虹にさせた。どれだけ平凡な人であっても、もし黒犬獣さん並みの真剣と執着を身に着けられれば、どんな苦境でも乗り越えられるだろう。彼の作品よりも輝いているのは、彼の頑張り通すという態度と、もっと上を目指すという職人精神である。このような精神は、必ずファンの心に刻まれる。

もし一つだけ絵師のペンネームで同人誌作家という職業を代表しようとすれば、私の答えはただ一つ:それは 黒犬獣さんである——編纂者

デマ打消し

ネットでは『QUEEN OF SPADES』といる作品があり、それは黒犬獣の作品と標柱されたが、実は偽物、本当は ネットユーザーの同人二次創作である、真に受けないでほしい。

また『Game of lust』という作品も同様に、他のネットユーザーにより再創作されたものである

追加

(C98)コロナウィルスの影響より、C98が中止されたため、黒犬獣さんの新作がない。